当サイトにお越し頂きましてありがとうございます。
漫画家&イラストレーターあいはらせとです。

photoshopCCの「3D押し出し」が簡単でしたので、備忘録として色々画像メモを作りました。

photoshopCCには平面で画像を描いて、メニューバーの「3D」⇒「3D押し出しを作成」を選択すると、簡単に3Dになる機能です。

椅子でもベッドでも、テーブルでも、平面で描いてお手軽に3Dに変換できます。

変換した後から、奥行きや角度、ねじれ、回転など変更でき、光の当たり方も変えることができます。

(※この画像はあえてわかりやすくピンクに色を変えて、自動生成される部分とわかりやすくなるように分けていますが、3Dになった後、自由にペイントできます。)

3Dで立体的になる映画のタイトル文字のようなものも簡単にできました。

文字の場合にはテキストからそのまま3Dに変換できます。

 

3D押し出し機能

 

そして、3DになったものはPNGに保存して、CLIP STUDIOで読み込んでトーン化、ライン抽出が可能です。

 

3D押し出し機能2

 

ですが!試した後で、3Dファイルで書き出しして、3Dファイルを読み込めばよかったのでは?と思い3Dでやり直しました。

 

3Dのまま読めるクリスタ

3Dのまま読めるクリスタ2

そうしたら(あたりまえですが)ライン抽出もとても綺麗…。

そのままCLIP STUDIOで読み込めば角度も自在、ライン抽出も綺麗、トーン化も綺麗なのでした…。

いろいろと応用が利きそうなので、もう少し3Dを探求したいと思います(*ノ∀`*)

 

 

広告漫画・ストーリー漫画・ビジネス漫画・4コマ漫画・イラストカット・挿絵・似顔絵・キャラクター・葉書・POP・チラシデザイン制作等、企業様だけでなく、個人事業主様や個人様からも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。